12/22(土)季節の女神のセレモニー「ユール★冬至祭2018」

お久しぶりです~チナ☆ミッチェルでございます。
ドタバタしているうちに、あっという間に12月

1年、早いですー

「サウィンの宴2018」のミニレポの下書きをして、アップできないまま1ヶ月が経ってしまいました。
マジで豪華すぎるマジカルナイトでした~。

samhain18-kuriyoko.jpg

ミニレポは、また今度(笑)

そして、女神トレーニング(プレトレーニング)を受けてくれた、セレモニアルメンバーで2月のインボルクからあたためてきた「聖劇~天岩戸開き」がついにカタチに・・・。いろいろな成り行きがあり、オリジナルの面白いストーリーに。なんと!なんちゃって、ヲタ芸も踊りましたよ
練習などもほぼほぼできず、ぶっつけ本番(笑)

sacretdrama-iwato.jpg

台本を見ながらの、立ち稽古みたいなものでしたが、舞台も借りてほ~んと楽しかった

それぞれの才能が花開いて、まさに岩戸開き・・・

これも、またそのうちミニレポしまーす。

さてさて、本題です

またギリギリの告知となりましたが、ケルト暦にちなんだ 8つの円環(輪)のアヴァロンの女神たちの季節のセレモニー「ユール★冬至祭」のお知らせです

今年は、冬至オンタイム

パワフルなセレモニーになりそうです。

季節のクラフトでは、
空気のエレメントの象徴となる
スマッジングファン(羽根)
を作ります

DSC_2944 (315x420).jpg

冬至は一年の間で、昼が最も短く
夜が最も長くなる日です。

冬至は古代から
「太陽」「光」「生命」の
死と再生のお祭りとして
大切にされてきました

太陽の復活と、大地の復活を象徴し、
冬至は、闇を抜けて
光りへ向かうターニングポイント
なのです

声や音、呼吸、香で空気の女神たちと戯れ
「内なる声」に耳を傾けて
スピリットの息吹に触れ
ヴィジョンと知恵を授かり、
全てとのつながりを思い出しましょう

パワルルな静寂とともに
新しい円環時間ユールの到来
をお祝いしたいと思います

yulefes2018 (550x348).jpg

【主催&場所】
Alchemic Space Star-Seed★星タネ(大阪市内)
お申し込み&お問い合わせ⇒ コチラ

◆・━━━━━━━━━━━━━━━━・◆
  12月22日(土)Yule Ceremony
 ~スピリットの息吹に触れる☆冬至祭~
◆・━━━━━━━━━━━━━━━━・◆
【と き】 12月22日(土) 14:00~17:30
【参加費】 4,500円
 (材料費込み/お茶&ケーキ付)
【定 員】 8名
【内 容】
・空気のエレメントのクラフト
 ⇒スマッジングファンの作成
・天空につながる願いの糸(意図)
 ⇒クリスタルボウルの演奏とともに
・呼吸と音で紡ぐ聖なる神殿
・女神のお茶会

※是非、ユールカラーの「グレー」や「シルバー」を取り入れた装いでお越し下さい。

※スマッジングファンに装飾したい、特別なクリスタルがある場合はご持参ください。

***

冬至(ユール)の季節、私たちグラストンベリー女神神殿では、古の女神たち、ダヌーを、「空気(Air)の大母」を崇め、冬枯れの老婆カリアッハそして、天空であらゆる秩序を編む「星の女神」たちを讃えます。

Star_Goddess(505x520).jpg

【季節のクラフト 冬至】

空気のエレメントの象徴となる、スマッジングファンを作成します

DSC_2942 (315x420).jpg

セレモニーを通して、あなたの意図で
聖別するので、あなたの魂の旅の仲間ととなる
特別な、ツールになります

私たちと、スピリットの架け橋として働き
浄化や、祝福をもたらツールとして、
また祈りを届けるツールとしても
活用できますよ

DSC_2938 (315x420).jpg

【冬至 ユール(内面の光を殖やすとき)】

冬至は、冬の始まり

占星術上で、冬至は太陽が「山羊座♑0度」になった時のこと。

山羊座の支配星である「土星」は、
サトゥルヌス(クロノス)という、
農耕神でもあり、時を司る神

凍てつく風が吹き、霜や氷が大地を覆い、
植物や虫、年老いたもの、衰弱したもの
の命を奪います。

風景から色を奪い、灰色や土気色になり
すべてが停滞し、死んだように見える季節。

冬の間、植物は外側に向けた成長を止め、
「死んだように」みえるのですが・・・

実は、内側で生命力を蓄えています

yulestarseed (550x413).jpg

春になると、蓄えていた生命力を爆発させ

地中で発芽して、やがて土から顔を出して

外側へと成長をはじめます

日本の民族学者の折口信夫は
「ふゆ」(11月~12月)というのは
「ふえる」「ふやす」
(「振ゆ」であり「殖ゆ」)
という意味だったと考えていました。

このときに、何が増えるのか?

それは、 霊魂=タマです

これは、内面の「光」と考えても良いですね

yulecandle1.jpg

冬至は内面の「光」を殖やすとき

古代人にとって、冬は死の季節ではなく
霊力を蓄え、内部で増殖する
新しい生命が「蘇生する」時期
だったわけです

【陰極まるとき 何も起こらない静寂の場】


「北」=「冬」は 最も女性性

のエネルギー(陰)が極まる。

そして、すべてが生まれる場所

そこは、何も起こらない
ここが大切なポイント)

しかし、すべてが生まれる静寂の場所

それは、知恵の源泉のありか

yulegoddessmegami.jpg

外側で何も起こらないけれど、最も暗く、深く、
そして静かな場所でエネルギーが蓄えられ、
女神の知恵とつながることができる。

このとき蓄えられたものが、
春に花開き、アクティブな行動を
促す原動力になる・・・

ユールの季節とは、まさにそうゆうこと

【空気のエレメント】


4つのエレメントの中で「空=Air」のエレメントはもっとも微細なもの。Airは、目には見えないけれど、あらゆる空間の中に存在する「形」の元になるもの、すべて

shirofukurou(520x347).jpg

人、動物、鳥、植物すべて

同じ空気を呼吸しています。

つまり・・・

すべてを繋いでいるのが「Air」の元素

なのです。

【ユール 源泉とふたたび繋がる

ユールの女神は、先祖(せんぞ)という血脈を超えた、私たち全ての遠い祖先(そせん)という根源的な「源」と私たちを繋ぎます

空気の大母の軽やかな身体は、スピリットの世界へと私たちを飛翔させてくれます

冬至はスピリチュアルな世界を探求し、

インスピレーションを受け取り

「私は何者か?」という本質へと

近づける季節です。


whitebuffalo-calf-woman7 (351x450).jpg

動物たちが冬ごもりをするように、
私たちも静寂の中で冬ごもりをし、
静かな時間を過ごし、
意識を内側へと内なる声に耳を傾けましょう

ユールの静穏の中、
スピリット(魂)の息吹を
感てみませんか?

↓クリックすると拡大します♪
Yulefes2018f.jpg

皆様のご参加お待ちしています~

chinamichellepr1712.jpg

 Priestess of Avalon
 Priestess of the Goddess
*Glastonbury Goddess Temple
アヴァロン&女神の女神官
~グラストンベリー女神神殿~

Love & Light Isis Spiral

この記事へのコメント