日本初の女神トレーニング修了おめでとう✨

超!ご無沙汰になってしまいました!!!
チナ☆ミチェルでございます。

「令和」はじまって、初の投稿です

「令和」新しい御代、おめでとうございます

こう、声高らかに新しい御代の到来を喜び合えるのは稀有なことですよね

どうぞ、新しい時代もよろしくお願いします

書くこと、いいっぱい(汗)溜まっていますが・・・

まずは、日本初の女神トレーニング修了!!
デディケーションおめでとう
のご報告です。

2017年秋からはじめた日本での「女神トレーニング」
4月の後半、1年生の修了式を兼ねて
阿波国にてデディケーションセレモニー
を行ってきましたー

dedication2019.jpg

1年間ほんとに、よく頑張りました

数日の研修を受けて、卒業という
ワークとは真逆で・・・💦
1年という期間は、とても長い

女神ワークでは必要不可欠な期間・・・。
つながっている、1つのサイクルだから

大地の中で眠っていた種が、やがて地中で根を出し育ち、地上に芽を出し、成長して花をさかせ、実をつけて、今度は成長を止め葉を落とし、種を落とす、そしてまた新しいサイクルがはじまってゆく。

これが循環するサイクル

DSC_2541.JPG

それぞれの季節のエネルギーの流れる中で、
体験&体感して女神(自然)と
交流することで編みあがってゆく
タペストリーだから

DSC_2345 (500x375).jpg

日本でのスタイルが全く構築されていない…

まだ土台もできていない女神トレーニングを

勇気をもって、情熱をもって、才能をもって

参加してくれて、ありがとう


1年もの長い期間 途中で放り出さず

旅を続けてくれて、ありがとう

そして・・・おめでとう✨o(>∀<*)o✨

1stspiraljapan2019.JPG
↑なぜか、全員 衣装にブルーが含まれてた~♪

英語もできない私が不思議な流れで、英国グラストンベリー女神神殿の3年間のトレーニング受けて、日本人初のアヴァロンのプリーステスになって数年(英国でのトレーニング期間2011~201年)。年に8回のセレモニーを行いながら、日本の女神や日本の風土にあった「女神の輪」を構築していきたいと思いながら、時が流れていました。


spiral32016.jpg

そんな中、もっと女神について、季節について学びたいという声があり・・・悶々と一人で悩んでいても仕方がないので、まずは英国の季節の女神の特色をしっかりと体感してもらって、一緒に日本の女神の輪やセレモニーを作り上げてゆける仲間ができたら良いなあ~と思って。

ちょうど、グラストンベリーでアヴァロンのプリーステス・トレーニング20周年を記念して本の出版を企画しており、世界中のプリーステスの短編集も掲載したいのでエッセイを寄稿して欲しいという依頼があり「次のステップがやってきた♪」と思ってた時期だったんです。

事前説明会には、10数名ほど集まってくれましたが・・・結局その時に集まったメンバーで実際に参加したのは1人。

説明会に来てない人たちが直感的に?集まってきてくれました。

ものすごく水面下で募集したので、オフィシャルに掲載はしてないんですよー。

そういえば、不思議ですねぇ。(笑)

alterjdedication.JPG

【1年目のトレーニング】

1年の間、座学、エネルギーワークの他、セレモニーに積極的に参加して、セレモニーのお手伝を通しセレモニーの創り方を学びつつ、各季節ごとに、た~くさんある「課題」をこなし。。。気づきや、感情や体験をミーティングでシェアーしていきます。


おかげで、1年生部分のキャシーの本の翻訳もほぼほぼ終わりましたー。
Yukoさんの協力のおかげ~ありがとうございます

C360_2019-04-27-13-16-20-085 (1).jpg

自分が誰なのか?

「持っている資&ギフト」を知り

「才能」が花開いていく、

自分のパワーを取り戻してゆく
(エンパワーメント)

というのが、1年の女神との

ジャーニーで得られること。

やっぱり、いろ~んなことが起こり、そしてシェアリングもどんどん深まって想像を超えていました。

やって良かった~~~~

【アマテラスシスター誕生までの物語】

プレトレーニングなので、英国のものを、そのままトレースするカタチではじめた女神トレーニングの1年目でした。

偶然なのか、必然なのか?

どの女神に最終的にデディケートするのか
未定のまま始めたのですが・・・
アマテラスアピールが続々

念願だった皆で唄える女神の歌が生まれたのですが、これが、まず「アマテラス」の歌でした

MOV_5353_norito.jpg

これも、2月インボルクの課題で詩(ポエム)を作るというのがあったのですが、Masakoさんの韻を踏んだ素敵な詩から生まれたのでした

そして・・・

まさか、やるとは思ってなかった

「セークレッド・ドラマ=聖劇」

この、流れもすごかったな

「皆は嫌だって言うかもしれないけど…私、皆で聖劇をやってみたい」と言ってくれたEmikaさん。

hataorime.jpg

ミーテイングの際に話をしたら、全員が「OK」「やってもいいよ!」「面白そう」って。

うそでしょ~~???

と、この展開に、私が一番驚きました

聖劇の題材を何にするのか、話をして登場人物も多いし、皆の知ってるストーリーだからということで、演目が「岩戸開き」に。
演じる役は、ベルティンの季節に「くじ引」で決まったのですが…これまたピッタリで~。

kujiseigeki.jpg
↑Emikaさんにお願いして、何か記念に残る「くじ」を作成してもらいました。

その後、役に応じた才能がめきめき発揮されていき…

まさに「神話再現」

聖劇ってすごーーい

video-1543226993_matsuri.jpg

しかも、岩戸開きの最大功労者とも言える「アメノウズメ」役が途中でトレーニングを続行できないなんてことになり、、、

なんと、ウズメのいない「岩戸開き」のストーリーに
これが新感覚で、なかなか素敵なストーリーったんです♪すべてが、完璧(*ノ▽ノ)
ウズメの代わりに、筋肉痛になりながら皆でヲタ芸を踊ったりしました。

otageiuzume.jpg

他にも皆が、巡礼で行くとこ行くとこ「天の岩戸」があったりと、たくさんのアピールが!!(笑)

そんなこんなで、「アマテラス」のシスターが誕生

【アマテラス=女神の名をひも解きなおす】

アマテラスの名前をひも解きなおすと

「アマ」=天、宇宙(高天原)
「テラ」=ラテン語で地球=地(根の国)
「ス」=中心つまりハート(中つ国)

天と地とつながっている、ハート(人)のことではないか?

つまり・・・アマテラスとは

 「私とつながっている、全て。
  全てとつながっている、私。」


ということ

4b6c6f3eed66f038ecb988452a513fb0.jpg

それが、日本の代表する女神の名前って、日本ってすごいね

全てがつながっていることを、私たちがハートを通して体現するってことなんだよね。

【アマテラスの神話 岩戸開き】

「岩戸開き」のストーリーって
一人一人がハートを、自分の質を、
そして才能や可能性を開いていく

ということだけでなく・・・

amaterasutsukuyomi.jpg

誰かの岩戸を開くために…

皆が才能やアイデアを持ち寄って、
一人ではできないことを協力し←(つまり和、輪)
実際に 行動を起こし ←(ここ重要♪)

使命として…
つまり自分の”命”を瞬間瞬間に生かし、
輝かして邁進してゆくってこと

iwatobirakisdrama.jpg

【デデケーションの日の大嵐】

野外でセレモニーを行うために、借りたコテージだったのですが、現地が近づくにつれ雨も風も強まり台風のような暴風雨に

さらには、雷まで~!!!(笑)

ちょっとした、雨だったら単にがっかりなんですが…
台風のような暴風雨になるなんてことありえない

なのでので、それもこれも全天候=女神、自然界のスピリットたちの大応援。
o((*´≧∀艸)

結局、セレモニーは室内で行うことになりましたが・・・雨や風の音、夜空を照らす稲光が最高の舞台演出になってました。
セレモニーはじまった途端に、雨風&雷が一段と激しくなりましたが・・・セレモニーのフィナーレのデディケーションの場面では雨も風もピタリと止んで静けさが広がり、幻想的でした

【デディケーションの時期と場所が決まるまで】

英国では1年間のトレーニングの最後に行う「セルフ・デディケーション」の儀式は秋分(メイボン)の頃行います。
(なんせ、イギリスは西の果ての国ですから~)

avalonwater.jpg

実は、昨年の秋に滋賀のキャンプサイトを予約してたのですー。

皆で日程も場所も決めたはずなのに
「すいません。私は、行けません。」
という申し出がありました

その申し出を聞いた時に、なぜかすごくスーっとした気持ちになり
「じゃ、今回はやめにしましょう。
 延期して‥いっそ、春頃にやりませんか♪」
と、あっさり延期にしました。

「野外で‥たそかれどきから…
 直火を焚いてね、こんなシュチェーションの中で
 セレモニーをやりたいんだよね」

ということを話していったら

キャンプサイトじゃ・・・無理なんだな

しかも、予約した後でアクセス法調べていたら『コスプレ禁止』とか、わざわざ書いてる!!!!
コスプレじゃないんですけどーー周囲から見たらコスプレか。(笑)

絶対、ここじゃないってコト。

そもそも、場所について妥協してたことに気づかされ・・・会場を再探索することに!

日本は日の昇る国=東の国だから、日の沈む「秋」よりも、むしろ「春」の方がふさわしいと~自然な流れで4月に決定
その後に、じゃかじゃか「アマテラス」アピールがやってくることに^^

そもそも行きたくない理由のひとつに、滋賀湖北が「遠くてイヤだ」という意見が。

近場で探そうと奈良、京都、和歌山(橋本などだと近いので)で検索したはずなのに・・・

「ココだ~ヾ(*>∀<*)ノ゙💖」

と見つけた場所は、なぜか徳島

ananshiyado.JPG

周囲に民家のない山あいのコテージで
ウッドデッキもあって、
火が焚ける場所まであって、
しかも、オーシャンビュー

室内もキレイで、自炊できる設備も完備…
鍵渡しの時以外、オーナーは不在で
プライバシー尊重と、素敵すぎる。(●>艸<)

写真を見せると、全員一致で「ここでやりたーい」と。

良かったよー妥協しなくて。キャンプサイトじゃ、周囲に人がいるもん。

20190425tokushima.JPG

さらに、偶然にも徳島になったのですが
徳島=阿波は、古事記の中では
大宜都比売(おほげつひめ)なので、
女神の土地

神話の中で四国は、体が一つで顔が4つ
男神2柱、女神2柱の島となっています。

愛比売(えひめ):伊予の国
飯依比古(いひよりひこ):讃岐国
大宣都比売(おほげつひめ):阿波国
建依別(たけよりわけ):土佐国

偶然ってスゴっーー

しかも、要重要な土地である「淡路島」や「鳴門」にも行けるしね♪

すごいなぁ~この流れ。

DSC_1135.JPG

実際は、野外で火を焚いてやるはずが、台風みたいな大嵐になって、室内でやったんですけどね。
雨の音、風の音、雷光すべてが最高の演出になっていたわけですが。。。

なんと!!!

会場に選んだ宿が「マザーアース・エンターテイメント」という会社名でビックリ❣✨

DSC_1200.jpg

全員が、ここに呼ばれていたね、ここで良かったと納得!何から何まで完璧でした~☆彡

【おのころ島=沼島は日本のAvalonか?】

嵐から一転!翌日は、ものすごく良いお天気になりました~

おのころ島である、沼島に上陸。

海を渡ってゆく島なので、Avalon島のよう。

nushimag9.jpg

2017年のトレーニング初日に
「日本の女神カード」を引いて、
それぞれ1年研究する女神を
決めていました。

船の出る時間まで藤の花の下で、
これまでの、女神の研究発表を
したのですが
イイ感じで時間切れになり
「イザナミ」は沼島に上陸して
からということに。

波の音を聞き、神立岩を眺めながら・・・
イザナミについて語り合い、
会話の中であの黄泉比良坂のシーンから、
神話をイザナミを新しい視点で
捉えなおすことができました。

イザナミの愛の深さに、懐の深さに感服
(⋈◍>◡<◍)。✧♡

nushima2019.jpg

港の方まで降りて来た時に・・・
(lli′□`)ノぅゎぁぁぁぁあ゙
島の反対側に携帯電話を置き忘れたことに気づき・・・
まさかの「黄泉帰り」!!

そういえば、黒い蛇がよこぎるサインもあったなぁ。

いやぁ~できすぎです

私の担当「宗像三女神」の研究は、次回持越し^^

デディケーションは、新しいステップへのはじまり。
アマテラスシスターズ、これからが新しいスタートです

finarecdorama.jpg

1年の旅のおかげで、たくさんのインスピレーションがやってきています。

これから「日本の女神の輪」を創りあげてゆきます

wheel of the Bgoddess.jpg

2年目のプリーステストレーニングもやってみたいとの声があるので、そのうちやってみよ~と思っています。

2年目は、セレモニーをクリエイトするためのエネルギーの作り方、場の作り方、プリーステスとしての資質を磨くため、スクライング(透視)、タロットや占星術のスキル、エンボディメントなど実践的な内容を多く含みます。

実際に、自分で設計したセレモニーを行ったりもします。(実際に宣伝し人を集め、催行し、感想をもらうことまで含まれます。)

そうそう、女神神殿計画もアイデア温め中

goddesstraining2019d4.jpg

1年生修了 アマテラスシスターズの皆さま
デデケーションおめでとうございます。

Blessed be

China☆Michelle

DSC08967 (192x280).jpg

Priestess of Avalon
*Glastonbury Goddess Temple
アヴァロンのプリーステス
*グラストンベリー女神神殿

Love & Light Isis Spiral

dedi2019425.jpg

この記事へのコメント